So-net無料ブログ作成
検索選択

椎名林檎の「NIPPON」の歌詞は右翼的? [エンタメ]

歌手・椎名林檎さんが手がける「NIPPON」という歌の歌詞
所々右翼的だという意見が議論を呼んでいますね。

この「NIPPON」は、
NHKサッカーテーマソングとして
使われるそうです。

もうすぐFIFAワールドカップですからね。
やっぱりテーマソングは重要です!

じゃあこの曲のどこが右翼的なのか??
ってちょっと思ったので調べてみました。

因みに右翼的とは、愛国心の思想を指すものだそうで、
伝統的な地位や身分を維持するための言葉です。

ちょっと難しい・・・。

まあそれはおいといて!(笑)

まずは曲を聴いてみましょう!



これが「NIPPON」ですね。

私個人的には、かなり良い曲のように思いますね。

日本の応援ソングとしてぴったりなんじゃないでしょうか。
まあ、捉え方は人それぞれですけどね!

じゃあその右翼的と言われている部分
具体的に歌詞として抜き出すと・・・。


● この地球上でいちばん混じり気の無い気高い青

● 不意に接近してくる淡い死の匂い

なんかが、そうなんだそうです。

まず、「この地球上でいちばん混じり気の無い気高い青」
純血思想を想起させるみたいで、
「不意に接近してくる淡い死の匂い」とは
神風特攻隊を想起させるんだとか。

私は全然そうは思わないですけどね~。

そう捉えてしまい、
この曲を好まない方もおられるんですね。

でもまあ、歌詞の捉え方なんて
人それぞれ違いますし、
それでも日本中で支持されている曲でもあります!

やっぱり楽しんで聴くのが一番ですよ~!

ワールドカップ、この曲とともに盛り上がりましょ~!!


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。